抜け毛予防と生え際の改善におすすめなのはこれ!

生え際が気になってきたから抜け毛予防を開始・・・といきたい所ですがアプローチ方法が・・・。そこで、脱毛の予防におすすめなのが、薬用ポリピュアです。21秒に1個売れるという驚異的な売上と実績を誇る養毛剤です。


この薬用育毛剤がすごいのは日本の他にアメリカ、ヨーロッパでも特許を取得しています。また、特許成分である「長鎖分割ポリリン酸」が入っています。毛乳頭に発毛命令を届けるサポーターとしての役割があります。生え際を目立たなく、そしてなくすためにも頭皮環境の改善と育毛をおろそかにするわけにはいきません。


ここで、薬用ポリピュアの開発責任者の柴 肇一氏 (医学博士・元北海道大学助教授)に聞きました。すると発毛促進アプローチの真髄を教えてくれました。頭皮環境を良くする事はとても大切です。


しかし、頭皮ケア、頭皮への刺激や栄養を与えるだけでは発毛には至りません。それは発毛命令が毛乳頭に届いていないからです。残念ながら育毛命令を届けるたんぱく質はとても壊れやすく思った通りに発毛命令は毛乳頭へ届きません。


そこで、壊れやすいたんぱく質を安定させるのが、特許成分の「長鎖分割ポリリン酸」なのです。おかげで頭髪させるための育毛命令を毛乳頭へ伝達をしやすくなります。生え際の他にも薄毛や細毛、枝毛の予防にもお勧めです。男女兼用ですので女性にぜひとも利用頂きたい薬用育毛剤です。


スプレータイプで、無合成香料、無着色料です。安全を考慮して体にある成分などを利用していますので安全性が高いのが特徴です。愛用者も多くいます。また、決め手は全額返金制度があるので、納得いかなければ返金も受けられます。クチコミで広まっている薬用ポリピュアを要チェックです。


抜け毛予防!薄毛(生え際)の原因は!

男性ホルモンが原因!

薄毛になる主な原因は男性ホルモンと言われています。


もう少し具体的に名前を出すとテストステロンと言う男性ホルモンが5αリダクターゼと言う酵素と結合する事でヒドロテストステロンと言う男性ホルモンに変化します。


このヒドロテストステロンが厄介者でせっかくはえた髪の毛の脱毛を促進する働きをします。その結果、薄毛へと突き進んでいきます。


特に生え際はヒドロテストステロンの活動が活発と言われています。そのため、生え際の薄毛で悩んでいる方が多くいるのです。


そのために考えられる生え際の抜け毛予防対策として下記2つが上げられます。


ヒドロテストステロンの脱毛促進に打ち勝つ

ヒドロテストステロンの数を減らす


それでは、対応策を具体的に紹介します!


抜け毛予防!発毛促進で生え際のケア!

ヒドロテストステロンの脱毛促進に打ち勝つには!

育毛剤で頭皮に直接栄養を与えて、毛乳頭(髪が生える毛穴)に発毛促進をする事で抜け毛を減らし、あわよくば発毛を狙います。


これが実現できる育毛剤が薬用ポリピュアです。薬用ポリピュアは「長鎖分割ポリリン酸」と言う日本・アメリカ・ヨーロッパで特許を持っている成分が含まれています。


この「長鎖分割ポリリン酸」が素晴らしく、毛乳頭に発毛命令を直接届ける事ができます。その結果、抜毛を防止するとともに発毛を促進します。


実は今までは発毛命令を毛乳頭に直接届ける事が困難でした。なぜなら、たんぱく質の一種が発毛命令を届けるのですが、そのたんぱく質が不安定ですぐに死んでいました。


「長鎖分割ポリリン酸」は発毛命令を届けるたんぱく質をガードする効果があるので効率的に毛乳頭へ発毛命令を届ける事が出来るようになりました。


薬用ポリピュアを利用する事で頭皮に栄養を与えて、発毛命令が届いた毛乳頭が栄養を利用して髪の抜け毛予防や発毛を促進します。


抜け毛予防!5αリダクターゼを阻害して生え際を守る

ヒドロテストステロンの数を減らすには!


ヒドロテストステロン(男性ホルモン)テストステロン(男性ホルモン)5αリダクターゼ(酵素)が結合する事で変化します。


そこで、材料の1つである5αリダクターゼを阻害する事でヒドロテストステロンを作らせないようにします。


ヒドロテストステロンが少なくなれば脱毛を促進されなくなりますので抜け毛予防になります。


有名なのは「フィナステリド」と言う成分を使った「プロペシア」や「フィンペシア」です。


ただ、「フィナステリド」は強い副作用があります。具体的には初期脱毛や吐き気などの症状が出ます。そのため日本で手に入れるには医師の診断と副作用の説明をしっかり受ける必要があります。


そこで、お勧めなのがスカルプDで有名な5α-R(ファイブ・アルファ・アール)です。5α-Rに含まれる「ノコギリヤシ」5αリダクターゼを阻害する効果があります。


抜け毛予防!発毛促進と5αリダクターゼ阻害で生え際を育毛!

併用する事で効果倍増!


実はヒドロテストステロンの活動が最も活発なのは生え際と言われています。


そのため、抜け毛予防であればどちらかの方法だけでも良いですが、強く発毛促進を望むのであれば上記2つの方法を併用する事をオススメします。


5α-Rで脱毛を促進するヒドロテストステロンを作らせないようにして、薬用ポリピュアで毛乳頭へ直接発毛命令を届ける事で発毛促進をしましょう。2つを上手に使う事でより高い発毛促進ができます。